• ビレット鋳造製品
  • 二次合金地金鋳造製品
  • 鉄鋼向脱酸用アルミニウム鋳造製品
  • アルミ缶リサイクル

新豆陽金属工業の歴史

沿革

1937年 軍需省の管理工場として、アルミニウム二次合金地金生産開始。
1947年 脱酸用アルミニウム塊生産開始。
1948年 家電用鋳物部門創設。炊飯器熱板・洗濯機部品生産開始。
1950年 木材部門併設、従来のアルミニウム関連製品に併せ、製材、製函、木工品生産開始。
1959年 業容の拡大にともない、木材部門を分社、豆陽工業株式会社設立。
アルミ部門を総括、新豆陽金属工業株式会社と改組。
大阪市東淀川区に三国工場を建設、操業開始。
1961年 兵庫県川西市に、アルミ鋳造加工専門工場として、川西工場建設。
1963年 屑→二次地金→鋳造→加工の一貫体制を作る。
1966年 通産大臣の電気器具製造免許取得。
1967年 通産大臣の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる。
自治大臣の消防器具製造認可。
1968年 押出用アルミニウムビレット鋳造工場建設。
東京出張所開設。
川西工場にアルミニウムブレージング(自動溶接)装置の設備完了。
1969年 山陽新幹線建設収用により三国工場生産機能喪失のため、川西工場に二次地金製造設備新規着工。
川西工場竣工、同時に本社業務を川西工場に移管、生産集中化完了。
1970年 関東地区進出のため、用地購入。
1973年 東京工場操業開始、東京豆陽金属工業株式会社分社設立。
1975年 家電用鋳物部門総括、三陽金属工業株式会社設立
1977年 東京工場にアルミドロス処理工場建設、稼動開始。
1978年 川西工場鍛造用向け異材質ビレット製造開始。
五陽興産株式会社設立
大阪豆陽金属工業株式会社設立。
1981年 兵庫県夢前町に夢前工場建設、操業開始。
五陽興産(株)夢前工場とする。
川西工場をアルミダイカスト、アルミ鋳物の鋳造・加工専門工場とする。
1982年 夢前工場に、アルミドロス工場建設、稼動開始。
1984年 夢前工場・日本工業規格(JIS)表示認可。
1985年 築炉設備部門創設。
設計・施工・技術輸出開始。
1986年 東京工場に缶屑・SF(サッシ屑商品化)設備2機設置、稼動開始。
鋳造棒生産設備設置。
川西鋳造工場改築。
ロボット鋳造設備導入に併せ、超精密加工設備新設。
夢前工場において他品種異材質各種ビレット鋳造加工設備増設。
一般ビレット鋳造能力増設。
1987年 夢前工場に特殊ビレット用鋳造・加工の一貫設備導入、稼動開始。
東京工場に缶屑・SF設備増設、稼動開始。
川西工場に缶屑リサイクル設備設置、稼動開始。SF設備2機設置。
川西工場の缶屑リサイクル設備を夢前工場に移設。
1988年 アルミ缶屑の処理方法特許出願。
東京工場に缶屑リサイクル用大型プレス機設置、缶屑・SF設備2機増設。
川西工場に缶屑・SF設備2機増設。
1989年 川西工場に缶屑・SF設備増設。
東京工場にGBF装置設置。
夢前工場にGBF装置設置。
1990年 夢前工場にビレット加工工場新設、ピーリング加工・高速切断加工開始。
1992年 東京工場にアルミ缶プレス工場新設、稼動開始。
夢前工場に長尺自動U.T.検査装置導入。
1993年 脱酸用線材製造設備導入。
1995年 アルミ缶屑の処理方法特許出願認可。
五陽興産(株)夢前工場の設備を大阪豆陽金属工業(株)が継承、稼動開始。
五陽興産(株)は、資産管理専業となる。
1996年 川西工場、缶屑・SF(サッシ屑商品化)大型破砕機導入、増産体制確立。
1997年 東京、夢前両工場の缶屑リサイクル設備に、大型破砕機導入、増産体制確立。
三陽金属工場(株)にシーズヒーター生産設備導入し、一貫生産体制確立。
2000年 ISO9001新豆陽 大阪豆陽 証認取得。
2001年 ISO9001東京豆陽 拡大 証認取得。
ダイオキシン類(DXN)対策として
夢前工場 アルミ缶屑焼成ライン 更新
東京工場 アルミ缶屑焼成ライン 更新
2004年 ISO14001東京豆陽 証認取得。
2005年 ISO14001大阪豆陽 拡大 証認取得。
2006年 中空ビレット2月より生産開始。
東京工場 アルミ缶屑焼成ライン 追加更新 2基体制へ
2007年 東京営業所開設
2008年 水平鋳造テスト生産開始。
ピーリングマシン導入。
自動超音波探傷装置導入。
2010年 夢前工場にビレット部門を集約
2011年 夢前工場 原料用放射線検知装置導入
東京工場 原料用放射線検知装置導入
2012年 セミソリッドダイカスト用ビレットの開発に着手。
AD12.1のセミソリッド化に成功。