• ビレット鋳造製品
  • 二次合金地金鋳造製品
  • 鉄鋼向脱酸用アルミニウム鋳造製品
  • アルミ缶リサイクル

新規開発商品:セミソリッドダイカスト用ビレット(AL-THIXOシリーズ)

目指すは、一つ上のアルミニウム素材

セミソリッドダイカスト用素材の製品化。そして、高品質な素材の安定供給を目指して。

近年の製造現場への要求の高度化・多様化に伴い、従来のダイカストだけでは満たせない需要が高まりつつあります。弊社では、セミソリッドダイカストの技術を利用して、従来のダイカストにくらべて、高品質な製品を製造するための素材を提供していきます。特に、AD12.1のセミソリッド(半溶融)化は難しいと言われてきましたが、弊社では、AD12.1のセミソリッド(半溶融)化に成功し、実用化に向けて準備を進めております。今後さらに、お客様のご要望を満たすべく研究を重ねていきたいと考えています。

CO2削減、環境改善。環境へ配慮した製品を目指して。

ダイカストの製造現場におきましては、環境に配慮した製造及び製造法が求められております。それに加え化石燃料の高騰により、近年ますますその傾向は強まっております。セミソリッド(半溶融)ビレットを利用した製造方法の場合では、従来の溶解工程が無くなることにより、作業環境はもとより、溶湯を扱わないことによる安全性の飛躍的な向上、及び省エネルギー対策としても大きく貢献することができると考えております。

セミソリッドダイカスト用ビレットの利点

1.ガス量 ・展伸材並みのガス量 ・熱処理・溶接も可能

2.微細・粒状組織 ・組織が均一 ・結晶粒径が小さいことによる機械的強度アップ

3.省資源 ・必要量のみの製品を生産し、余剰在庫のゼロ化

セミソリッドダイカスト用ビレットの利点

ダイカストマシンの写真(東洋機械金属(株)様提供)新豆陽金属工業株式会社では、新規開発のセミソリッド用ビレットと、従来のダイカスト用合金塊のそれぞれの強みを活かし、お客様のご要望に応じた、素材の選択及びご提供をさせて頂くことで、コストパフォーマンスの良い“ものづくり”を提案いたします。

セミソリッドダイカスト 従来のダイカスト
製品特徴の比較
  • 酸化物・ガスの巻き込みが少ない
  • 熱処理が可能
  • 溶解工程の無い成型が可能
  • 材料が入手しやすい
  • 量産性に富む
  • 材料のリターンが容易
製品工程の違い
製品工程フロー

お問い合わせ先:新豆陽金属工業株式会社 大阪営業所/TEL : (072)793-1501(代)